けしかん

マイコン

STM32CubeIDEで、ビルド時にhexファイルを生成する方法

よく忘れるのでメモ。 STM32CubeIDEで、ビルドと同時にhexファイルを生成する方法です。 SW4STM32でも同様です。 プロジェクトのプロパティ → C/C++Build → Settingsと選択し、Build Stepsタブを開きます。 Post-build steps(図の赤い枠の箇所)に、以下のコマンドをコピペ。 これでビルド時に、.e...
Web開発

[メモ] ImageMagickでtwitter用の高画質画像を生成する

2019/2/11以降、この手法は不要になりました。PNG画像をJPEGに変換する判定アルゴリズムについては、モノクロ氏の記事が詳しいです。 小ネタ。 Twitterに高画質の画像をアップロードする方法として、「透過PNG形式に変換してからアップロードする」ことが知られています。ImageMagickを用いると、コマンドライン処理で透過pngを作成できます。 準備 Te...
2019.06.05
マイコン

STM32H7でキャッシュ一貫性を保持したDMA転送(Memory-to-Peripheral)

STM32H7におけるキャッシュ一貫性を保ったDMA転送の方法として、MPUによる設定を解説します。 STM32H7ではF7と異なり、DMAコントローラからDTCM領域にアクセスできないため注意が必要です。 GitHubでソースコードを公開しています。(Memory-to-Peripheralの場合のみ 概要 Cortex-M7コアにはL1キャッシュが搭載されているため、D...
2018.04.29
プリント基板

FusionPCBでプリント基板を製造した話 その2(再生産)

前回、「FusionPCBでプリント基板を製造した話」を書いた後、再生産してもらえることになりました。 結論から言うと、2度再生産してもらいましたが、大変満足のいく仕上がりになりました。 本記事では、再生産の経過について書いておきます。 再生産(1度目) fusion.jp@seeed.cc(日本用の問い合わせ窓口)に対し、メールで状況を伝えると、クーポンが送られてきました。クーポンを...
プリント基板

FusionPCBでプリント基板を製造した話(2017年8月)

Maker界隈では有名なFusionPCB(Seeed)に、プリント基板を発注してみました。日本語サイトは最近出来たようです。発注方法などはネット上に多くの情報がありますので、ここでは次にフォーカスしようと思います。 スルーホールのメッキ有無(PTH, NPTH)の指定方法 発注~到着まで 基板の品質 1.スルーホールのメッキ有無の指定 発注時に迷ったのが、PTH(メ...
2017.09.26
タイトルとURLをコピーしました