[Top]->7セグ・14セグフォント「DSEG」
[Japanese] [English]
更新日:2017-08-15

7セグ・14セグフォント 「DSEG」

1.DSEGについて

DSEG7-Classic,Modern

LEDやデジタル時計でおなじみのセグメント表示を意識したフリーフォント「DSEG」(でぃーせぐ、と読む)を公開しています。 7SEG表示の「DSEG7」、14SEG表示の「DSEG14」、液晶表示風お天気アイコンの「DSEGWeather」を用意しています。特徴は次の通り。

ダウンロードは下記よりどうぞ。

最新版(v0.43)のダウンロード
>>Githubのリポジトリ

>>旧バージョン(v0.30)

※v0.30以前はSIL Open Font Licenseではないため注意。引き続き使用はできます。

Bitcoinの寄付(オネガイシマス)

2.アプリケーション例

88:8888 2088-88-88 ~~~

Javascript+CSS3でコーディングしたデジタル時計のサンプルです。フォントをwoff形式で読み込んでおり、画像は使っていません。

3.使い方・仕様

3.1.テストフォーム

3.2.コロンと半角スペースの扱いについて

コロン(U+003A)":"と半角スペース(U+0020)" "のフォント幅を同じにしているため、 コロンを半角スペースに置き換えるだけで点滅表現ができます。上の「2.アプリケーション例」を参照。

01:2301:2388:88
01␣2301 2388:88

3.3.ピリオドの扱いについて

ピリオド(U+002E)"."のフォント幅を0にしていますので、桁と桁の間にピリオドを打っても、文字間隔が変化しません。 従って、電卓によく見られる、小数点の移動を簡単に表現することができます。

3.143.148.8.8.
31.431.48.8.8.

3.4.全セグメントオフ、全セグメントオンの扱いについて

各セグメントの全オフ状態を、exclamation mark(U+0021)"!"に割り当てているため、文字を"!"に変更するだけで、任意の桁を消灯することができます。

012301238888
0!230!238888

また、全セグメントオンについては、DSEG7であれば「8」、DSEG14であれば「~」(チルダ:U+007E)となります。

DSEG7(7セグ):888
DSEG14(14セグ):~~~

※DSEG Weather(お天気アイコン)については、複数の幅があるため、下の表を参照して下さい

3.5.円マークとバックスラッシュの扱いについて

円マーク(U+00A5)"¥"とバックスラッシュ(U+005C)"\" は異なるグリフに割り当てていますので、区別して下さい。文字コードを直接打ち込むのが無難だと思います。文字コードは次の表を参照してください。

3.6.文字コード一覧

DSEG7 and DSEG14

Unicode文字DSEG7DSEG14
U+0022"N/A"
U+0024$N/A$
U+0025%N/A%
U+0026&N/A&
U+0027'N/A'
U+0028(N/A(
U+0029)N/A)
U+002A*N/A*
U+002B+N/A+
U+002C,N/A,
U+002D---
U+002E...
U+002F/N/A/
U+0030000
U+0031111
U+0032222
U+0033333
U+0034444
U+0035555
U+0036666
U+0037777
U+0038888
U+0039999
U+003A:::
U+003C<N/A<
U+003D=N/A=
U+003E>N/A>
U+003F?N/A?
U+0040@N/A@
U+0041AAA
Unicode文字DSEG7DSEG14
U+0042BBB
U+0043CCC
U+0044DDD
U+0045EEE
U+0046FFF
U+0047GGG
U+0048HHH
U+0049III
U+004AJJJ
U+004BKKK
U+004CLLL
U+004DMMM
U+004ENNN
U+004FOOO
U+0050PPP
U+0051QQQ
U+0052RRR
U+0053SSS
U+0054TTT
U+0055UUU
U+0056VVV
U+0057WWW
U+0058XXX
U+0059YYY
U+005AZZZ
U+005C\N/A\
U+005E^N/A^
U+005F_N/A_
U+0060`N/A`
U+0061aaa
Unicode文字DSEG7DSEG14
U+0062bbb
U+0063ccc
U+0064ddd
U+0065eee
U+0066fff
U+0067ggg
U+0068hhh
U+0069iii
U+006Ajjj
U+006Bkkk
U+006Clll
U+006Dmmm
U+006Ennn
U+006Fooo
U+0070ppp
U+0071qqq
U+0072rrr
U+0073sss
U+0074ttt
U+0075uuu
U+0076vvv
U+0077www
U+0078xxx
U+0079yyy
U+007Azzz
U+007C|N/A|
U+007E~N/A~
U+00A5¥N/A¥
U+00A6¦N/A¦
U+00B1±N/A±

DSEGWeather

UnicodeCharacterDSEGWeather
U+00300
(ALL SEGMENT)
0
U+00311
(SUN)
1
U+00322
(CLOUD)
2
U+00333
(RAIN)
3
U+00344
(HARD RAIN)
4
UnicodeCharacterDSEGWeather
U+00355
(SNOW)
5
U+00366
(THUNDER RAIN)
6
U+00377
(THUNDER HARD RAIN)
7
U+00388
(THUNDER)
8
U+00399
(SUN AND CLOUD)
9
U+003A:
(ALL OFF 1)
UnicodeCharacterDSEGWeather
U+0041AA
U+0042BB
U+0043CC
U+0061aa
U+0062bb
U+0063cc
U+003B;
(ALL OFF 2)

4.ライセンス [面倒ですがお読み下さい]

Ver0.40より、SIL Open Font License 1.1として公開します。 Ver0.30までと同様、商用利用や埋め込み、グリフの改造などが可能です。

できること

必要なこと

第三者がフォントファイルを取り出せる形で成果物を配布する場合(ゲーム作品にフォントファイルを同梱、など)は、つぎの1.または2.を実施して下さい。

  1. 目につく場所に「Font "DSEG" by けしかん」(一例です。作者の名前が分かればOKです。)といった著作権の表示を行う。
  2. DSEG-LICENSE.txtを同梱する。

また、「DSEG」や「DSEGの改変物」を配布する際は、ライセンスを変えず、SIL Open Font License 1.1で配布してください。

OFL-FAQのNo.1.10、No.1.11に、参考となる記述があります。 また、自家製フォント工房さんのページも大変参考になります。

できないこと

必須ではありませんが、「DSEG」をお使いになられた際は、成果物についてご連絡頂ければ嬉しいです。どのように使われるのか楽しみにしています。また、本ページやGithubリポジトリへのリンクを成果物に記載頂くと、なお嬉しいです。

5.紹介記事・使用作品

紹介・ご使用いただきました!ありがとうございます。

その他沢山のご使用、有り難うございます。

6.その他

\[ y=\pm \frac{\sqrt{(a-b) - 2x + \sqrt{4bx + (a-b)^2}}}{\sqrt{2}}\sqrt{x} \ \ \ (\mbox{ただし}a=1.0,b=0.7\mbox{とする}) \]

6.関連記事

7.更新履歴

8.参考文献

  1. FontForge アウトラインフォントエディタ
  2. 「卵形曲線の方程式を見つけた」,山本 信雄
  3. 各ブラウザにおける、JavaScriptの時間の精度を調べてみる